トラックの種類

トラックにはどの様な種類が存在するのか、自分なりに知っているトラックをまとめて見ます

 

・小型トラック

一般的に良く見る事のあるトラックです。

積載量が2t以下  です、

 

・中型トラック

積載量が4tクラスのトラックです。

トラックの荷台の形や装備によってトラックの積載量に差があります

 

・大型トラック

積載量が10tクラスのトラックの事を言います。

中型トラックと同じで荷台の形や装備によってトラックの積載量に差があります。

 

・特殊仕様のトラック

・ダンプカー

・タンクローリー

・液糖タンクローリー

・バルク車

・水素運搬車

・ミキサー車

・ごみ収集車

・馬運車

・ダブルキャブ

・鉄道コンテナ

・散水車

・ダンプローダー

・ウォークスルー

・現金輸送車

・霊柩車

・リンボーバーン

・超重量車

 

知らないトラックや聞いた事がないトラックがたくさんありますね。

見た事があっても名前も知らないトラックもあります。

・トレーラー

トレーラは荷台が大きく、単体のトラックでは運べない大きな荷物や、よりたくさんの荷物を一度に運ぶ事が可能なトラックとなっています。

一般的には全体でトレーラと呼ばれているのですが、正確には、荷物を積む後方部分を、トレーラ(被けん引車)といいます。また、トレーラを引っ張る車は別名トラクターとも呼ばれています。

 

ここまで多数のトラックを見積もるトラック買取り業者は見極めもかなり大切になってきますね。

軽トラの危険性

 

皆さんは、軽トラに乗った事がありますか?

よく農家の人や建築関係の人が乗っています。

わたしも、畑の仕事をする時に良く使っています。

荷台に沢山の機材や荷物を乗せる事ができるのでとても便利だそうです。

ただ、軽トラはほぼボンネットのでっぱりがありません。

事故してしまうととても危険です。

だいたいの車はボンネットが衝撃を吸収して運転手の身を守ります。

しかし、ボンネットがないので衝撃はとてもダイレクトに来るでしょう。

気を付けるべき点です。

また、軽トラの荷台に荷物を乗せすぎるとまた危険です。

軽トラだけに関わらず、荷台がある車には荷物を乗せすぎるのは良くありません。

外国では、とてつもない量を載せたりするのですが、日本では高速道路での落下物の事故も多い為、常識の時範囲内にしておいた方が良いでしょう。

この様に軽トラは、仕事をする上ではとても便利な車です。

小回りもかなりききます。

とても重要がある分、やはり売る人も多いというのは現状です。

軽トラを買い取ってくれる業者もいるのでこういう時はとても便利ですよね。

最近では、軽トラもかなり進化しているみたいです。

お洒落なものから安全なものまで幅広く改良されているみたいです。

軽トラを買い取ってもらって新しいトラックを買ってしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*